まめ農園

エコファーマー岡山県認定 倉敷の環境にやさしい農家

まめ農園の紹介

倉敷

まめ農園は岡山県南部の白壁の街倉敷郊外で特別栽培米・ブルーベリー・キウイフルーツなどの栽培に取り組んでいる農家です。
瀬戸内気候の豊かな日照と酒津公園を起点とした八ヵ郷用水を経由して農地隅々まで届く高梁川の豊かな水流の恩恵により田園地帯として岡山の食を昔から支えて来た地域で、まめ農園も兼業農家として代々お米と日々の野菜を作ってきました。2006年より耕作受託を初めたことを契機に専業農家となり地域農業の担い手として、食卓に安心安全な自然の恵みを届けられるよう日々作物と土と相談しながら農薬や化学肥料に頼らない栽培を取り組んでいます。

酒津土手の桜並木

まめ農園のあゆみ

2017年水稲作付面積142686㎡
2016年作付品種「アケボノ」「雄町」「はいごころ」「にこまる」「ぴかまる」
2015年水稲作付面積109340㎡
作付品種「アケボノ」「雄町」「はいごころ」「にこまる」「ミルキースター」
2014年水稲作付面積69940㎡
酒造好適米「雄町」の栽培を開始
「備中だるまささげ」の栽培を開始
2013年巨大胚芽米「はいごころ」の作付開始
2012年水稲作付面積62980㎡
緑肥栽培(環境保全型農業)を本格導入
2011年「にこまる」の作付開始
水稲作付面積55230㎡
「まめ農園」webサイトオープン
特別栽培米の販売開始

2010年水稲作付面積55230㎡
キウイフルーツ(レインボーレッド系)15本を植樹
2009年水稲作付面積46340㎡
持続的農業導入計画を岡山県備中県民局に提出
認定(1282号)を受ける
聖山圃場にブルーベリー(ラビッドアイ種)110本を植樹
2008年水稲作付面積35200㎡
農業経営改善計画を策定し倉敷市に提出、認定(第19-27号)を受ける
聖山圃場にブルーベリー(ラビッドアイ種)190本を植樹
2006年耕作受託を開始
2004年「みつひかり2005」の作付開始
兼業農家として水稲を作付
主要作付品種「ひのひかり」「アケボノ」など

投稿日:2010年12月30日 更新日:

執筆者: