まめ農園

エコファーマー岡山県認定 倉敷の環境にやさしい農家

まめ農園のお米づくり まめ農園歳時記

今年はじめて作付した「はいごころ」

投稿日:

今年はじめて作付した「はいごころ」
収穫はもう少し先ですが、種米の余りを玄米にしてみました。左が「はいごころ」、右が通常のうるち米。
ご覧のとおり大きな胚芽と低アミロースが特徴の新しい品種です。どうやってみなさんの食卓に届けるよう提案するか、試行錯誤中です。
はいごころ

-まめ農園のお米づくり, まめ農園歳時記

執筆者:

関連記事

脱芒

脱芒

  5月1日、自家採取種籾のノゲを取る作業(脱芒)を行いました。 種籾の先端から出ている「芒(のげ)」がついたままにしていると播種作業の時に種籾を均一に育苗箱に並べることが出来ないので地味で …

春の高梁川

高梁川。今年もまめ農園のお米は、この川の恵みを受けてスクスクと育つ(予定)です。

収穫の秋です

  W台風や夏の天候不順を乗り越えて、収穫の秋を迎えました。 稲刈りの作業も順調に進んでゴールが見えてきています。 酒造好適米の特別栽培「雄町」は先日出雲と倉敷の蔵に嫁いでいきました。来春に …

まめ農園のお米で醸されるお酒

まめ農園で収穫した特別栽培米「雄町」は、酒蔵の皆様の手に託されて醸されています。 この冬は各蔵に訪問してお米がお酒に変わっていく様子を追いかけて見たいと思っています。 Facebookページの方に随時 …

草取りに追われる毎日でバテ気味ですが

草取りに追われる毎日でバテ気味ですが、そんな中スクスクと穂を出してくる稲に元気をもらいました。